看不见的天堂

星期日, 二月 10, 2008

忠犬ハチ公


忠犬ハチ公像

忠犬ハチ公(ちゅうけんはちこう、1923年11月10日 - 1935年3月8日)は、秋田県大館市出身の秋田犬。名前はハチ。主人が亡くなった後も駅前で帰りを待ち続けた「忠犬」として有名になりました。
1924年から東京大学 東京帝国大学(現・東京大学)農学部の教授、上野英三郎に飼われることになりました。上野の存命中は、玄関先や門の前で上野を見送り、時には最寄駅である 渋谷駅まで送り迎えすることもありました。上野の自宅は、現東急百貨店本店付近と言われています。
1925年5月に上野が急死した後も、毎日渋谷駅前で主人の帰りを待ち続けたとされ、東京朝日新聞の記事により世間一般に知れ渡りました。主人を慕うハチの一途な姿は人々に感銘を与え、「忠犬」と呼ばれるようになったのです。
1934年4月、渋谷駅前に銅像が建てられ、除幕式にはハチ自身も出席しました。これは、彫塑家の安藤照がハチ公像を作っている最中に、上野家にハチのこ とを託されたと称する老人が現れ、ハチ公像を建てるために絵葉書を売り始めたからです。そのため、それより先に銅像を作らなければならなくなり、ハチが生 きているうちに銅像が建てられたのでした。

0 条评论:

发表评论

订阅 帖子评论 [Atom]

指向此帖子的链接:

创建链接

<< 主页